今高い人気を誇っている不動産投資マンション|儲けオーナーの極意

お金

公務員に向いている

収入が安定している公務員だからこそ

ビル

公務員は、給与が安定していることから、兼業で不動産投資を行うには向いている職業とされています。不動産投資は、通常、金融機関から融資を受けて行います。金融機関は、融資しようとする人の給料からでも間違いなく返済してもらえるかを重視するため、その点では公務員の人にはもっとも融資しやすいといえるでしょう。 不動産は、ご存じのとおり賃借人がいてこその資産です。もしも、空室が発生するなどして賃料収入より借入金の返済額のほうが上回った場合には、差額を給料からでも補填しなければならならないのですが、その点、公務員は給与が安定的に推移するため、返済計画が立てやすいのです。 以上のことから、公務員による不動産投資はおススメといえるでしょう。

安易に新築物件投資しない

もちろん、給与が安定しているからといって安易に不動産投資をはじめてはいけません。時間をかけてまずは、不動産投資がどのようなものか書籍等で勉強することが大切です。 新築のワンルーム販売業者によると、上得意様は誰かと質問をすると口をそろえて「公務員」と回答してきます。もちろん、投資対象として新築のワンルームがダメといっているわけではありませんが、残念ながらほとんどの新築ワンルーム物件は「利回り」が異常に低く、テナントがすぐに入居しても最初の月から持ち出しが発生してしまう(給料から返済する必要が生ずる)ことがほとんどなのです。 これは、給料が安定しているからといって安易に不動産投資をはじめてしまう典型的なケースです。よく注意するようにしてください。